医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ264巻13号 > 論文詳細
リハビリテーション医学・医療のすべて
264巻13号 2018年3月31日 p.1308-1314
第5土曜特集 リハビリテーション医学・医療のすべて 自動車運転リハビリテーション――運転再開と中止 蜂須賀研二・加藤徳明
サマリー   運転リハビリテーション(DR)はわが国では1961年に国立身体障害者更生指導所で開始され,近年,対象患者は認知機能に障害をもつ者へと広がってきた.脳卒中や脳外傷,その他の脳疾患患者の運転再開(または中止)に取り組むには,まず運転免許適性検査基準を満たし,道路交通法上の“一定の病気等”のなかで免許拒否・取消あるいは保留・停止に該当するかを確認する.次に認知機能がある程度保たれているのを確認するために神経心理学的検査,運転操作能力に関しては簡易自動車運転シミュレーター検査により評価し,さらに指定自動車教習所に実車教習を依頼する.これらをもとに専門的知識のある医師が包括的な運転再開(または中止)を判断して,公安委員会の運転適性相談を受けることを勧め,最終的に問題がなければ運転を再開する.運転再開または中止は,公安委員会,医療機関,指定自動車教習所の協働を要するテーマであり,今後はエビデンスの集積が必要である.
キーワード  自動車運転,リハビリテーション,運転再開,運転中止,基準
第5土曜特集 リハビリテーション医学・医療のすべて 自動車運転リハビリテーション――運転再開と中止 蜂須賀研二・加藤徳明
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
リハビリテーション医学・医療のすべて
264巻13号 2018年3月31日
週刊(B5判,244頁)
定価 6,490円(本体 5,900円+税10%)
注文コード:286580
雑誌コード:20475-3/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.