やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

次号予告

272巻4号 (2020年1月25日発行)

エクソソームと疾患医学

企画:下村伊一郎(大阪大学大学院医学系研究科内分泌・代謝内科学)

・近年,エクソソームが注目されている.細胞膜蛋白からエンドソームを介して細胞内多胞体(MVB)で生成される内因性微粒子で細胞外に排出される.さまざまな臓器保護効果を有することがわかってきている.
・エクソソームはさまざまな機序で多くの生命現象に関わり,また種々の疾患の病因・病態として関わることが明らかにされつつある.その詳細を突き詰めていくことは,疾患医学・医療への新たな扉を開く可能性を有する.
・本特集では,現在のエクソソーム研究を,最先端で牽引される先生方に,それぞれのお立場で,現状,考え方,展望を述べていただく.

【AYUMI】
エクソソームとは
エクソソームの生合成機構
エクソソームの動態研究
細胞老化とエクソソーム
バイオマーカーとしてのエクソソーム
エクソソームと臓器連関
神経変性疾患とエクソソーム
エクソソームを介する代謝調節機構
【連載】
地域医療の将来展望(15)
ソーシャルキャピタルと地域医療
診療ガイドラインの作成方法と活用方法(10)
急性胆管炎・胆嚢炎診療ガイドラインの作成/改訂の工夫と効果
【TOPICS】
医療行政
公認心理士への期待と課題
公衆衛生
ポジティブ・デビエンス:ベトナムから世界へ
加齢医学
認知症患者に対する不眠症治療戦略最前線
【フォーラム】
日本型セルフケアへのあゆみ(3)
情報技術が変革する医療のあり方
対話−ダイアローグのはじめかた(5)
医師と患者のダイアローグ
第56回(2019年度)ベルツ賞受賞論文2等賞
骨髄増殖性腫瘍の診断と治療の進歩