やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

次号予告

270巻4号(2019年7月27日発行)

新しい高血圧ガイドライン(2017-2019)日米欧の比較

企画:田村功一(横浜市立大学医学部循環器・腎臓・高血圧内科学,同医学研究科病態制御内科学,同附属病院副病院長,同腎臓・高血圧内科)

・現代社会が求める健康寿命延伸の課題である,高血圧,脳心血管病,腎臓病の3つの病態は,互いに密接に連関し同一の患者に併存する場合も多い.その起点としての高血圧の克服はきわめて重要である.
・日本高血圧学会により2019年4月に改訂された「高血圧治療ガイドライン2019(JSH2019)」では,血圧値分類の名称も改訂されており,わが国の高血圧対策は非常に重要な局面であると考えられる.
・本特集では,世界的に厳格降圧が推奨されている状況下において,日本の「高血圧治療ガイドライン2019 」では何が重視され,どのように改訂されたのかについて,各領域の高血圧専門医に詳細に解説いただく.

【AYUMI】
日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン2019(JSH2019)の概要−JSH2014からの変更点を中心に
高血圧の疫学,血圧測定と臨床評価
高血圧の管理と治療−生活習慣の修正,降圧薬治療
脳血管障害・心疾患を合併する高血圧
腎疾患を合併する高血圧の管理
ほかの疾患を合併する高血圧(糖尿病・メタボリックシンドローム・脂質異常症・高尿酸血症)−JSH2019における糖尿病など代謝疾患の管理
高齢者高血圧と認知症
MR拮抗薬および新規降圧薬への期待
新規・高血圧デバイス治療への期待−腎デナベーションの最新成績と臨床への展望
高血圧治療におけるSGLT2阻害薬の意義
高血圧診療のこれからと日本高血圧学会みらい医療計画
【連載】
医学・医療におけるシミュレータの進歩と普及(26)
高機能患者シミュレータHPSとSimMan3G
健康寿命延伸に寄与する体力医学(14)
高血圧治療における運動療法の有効性と実臨床への展開
【TOPICS】
腎臓内科学
巣状分節性糸球体硬化症に関わる遺伝子異常
消化器内科学
家族性地中海熱遺伝子関連腸炎
呼吸器内科学
慢性閉塞性肺疾患(COPD)の病態における好塩基球の役割