やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

次号予告

279巻5号 (2021年10月30日発行)

第5土曜特集

超高齢社会を支える医学・医療の提案

企画:荒井秀典(国立長寿医療研究センター理事長)

・わが国の高齢化率は28.7%(2020年)となっており,世界一の長寿国である.奇しくも2021年から2030年までの10年間を国連,WHOは“Decade of Healthy Ageing”と設定した.
・高齢化はグローバルな現象であり,健康寿命の延伸は世界的な願いであるが,世界一の高齢化率を誇るわが国の果たすべき役割はきわめて大きい.
・超高齢社会のフロントランナーとして医学・医療の領域から提案すべき内容について老年医学・老年学の力を結集すべく,それぞれの分野のエキスパートから重要かつ最新のトピックスを多面的に取り上げていただく.

【AYUMI】
■総論
超高齢社会における日本老年医学会の役割
超高齢社会を支える地域包括ケアシステムとかかりつけ医の役割
超高齢社会における高齢者の定義の意義
21世紀の慢性期医療を考える
高齢者の在宅医療の展望
超高齢社会におけるエイジングサイエンスの展望
■基礎老化研究
老化制御機構の新展開−慢性炎症除去やセノリシス
睡眠と脳内の寿命制御因子
サルコペニアにおけるミトコンドリアの役割
老化ストレス応答研究
臓器間ネットワークと個体・臓器老化
SASPによる疾病発症メカニズム
■認知症
高齢者の多様な認知症
認知症における修飾可能な危険因子と推奨される介入
認知症のバイオマーカー−アルツハイマー病の血液バイオマーカーを中心に
認知症とイメージング
認知症のゲノム解析
認知症の人の介護者支援の展望
認知症のリハビリテーション
認知症の権利擁護と地域生活支援
■フレイル・サルコペニア
フレイルの概念・診断UPDATE
サルコペニアの概念・診断UPDATE
社会的側面からみたフレイル
超高齢者社会の口の機能を支える視点−オーラルフレイル
骨粗鬆症とフレイル・サルコペニア
フレイル・サルコペニアのバイオマーカー候補
フレイルと介護予防
■高齢者疾患の包括的管理
高齢者総合機能評価アップデート−老年病専門医による臨床的観点から
高齢者糖尿病の管理−認知機能とADLの評価に基づいたカテゴリー分類による包括的治療
高齢者の二次骨折予防
誤嚥性肺炎予防に向けた包括的アプローチ
高齢者下部尿路機能障害−フレイル・認知機能低下と下部尿路機能障害の関係
高齢者のポリファーマシー対策
高齢者の外科手術
高齢者に対する脳梗塞治療
人生100年時代における共有意思決定支援を取り入れた日本のアドバンス・ケア・プランニングの展開−対話による多様性重視の社会にむけたACP実践のための教育強化の必要性
高齢者の睡眠を考える
高齢者へのワクチン治療
COVID-19禍におけるフレイル・認知症予防