やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

次号予告

277巻4号 (2021年4月24日発行)

新規心不全治療薬の使い方

企画:猪又孝元(北里大学北里研究所病院循環器内科)

・トリプルセラピーともよばれる基本薬の普及に伴い,左室駆出率の低下した心不全(HFrEF)の予後は確実に改善した.しかし,死亡率の減少から見ると,その恩恵は数割の患者に留まり,現場はいまだ満足しえていない.
・一方で,世はまさに心不全パンデミックの到来を迎えつつある.そのジレンマの裏返しなのか,今後数年にわたり,機序の異なった新規心不全治療薬が次々と参上する.
・今回の特集では,実際にまだ手にしていない新規心不全治療薬も含め,日本の現場をリードするオピニオンリーダーにご執筆いただく.

【AYUMI】
心不全に対するイバブラジン
サクビトリルバルサルタンは心不全の標準治療薬となるのか?
SGLT2阻害薬
第三世代ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬(MRA)
ベルイシグアト
次世代型強心薬への期待−心筋ミオシン活性化薬
【連載】
この病気,何でしょう? 知っておくべき感染症(5)
シャーガス病−国内の現状と課題
いま知っておきたい最新の臨床検査−身近な疾患を先端技術で診断(4)
メタボローム解析の臨床応用−悪性腫瘍と精神疾患を中心に
【TOPICS】
救急・集中治療医学
AMA(Against Medical Advice)への対応
神経内科学
神経内科領域における免疫グロブリン製剤治療の位置づけ
細菌学・ウイルス学
黄色ブドウ球菌のステルスモード:Agr系の相変異
【フォーラム】
子育て中の学会参加(1)
はじめに
皮膚科医の視点から