医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ264巻13号 > 論文詳細
リハビリテーション医学・医療のすべて
264巻13号 2018年3月31日 p.1247-1251
第5土曜特集 リハビリテーション医学・医療のすべて 腎臓と肝臓のリハビリテーション医学・医療 伊藤修
サマリー   身体障害者福祉法では,腎機能障害は1972年に,肝機能障害は2010年に制定された.腎疾患や肝疾患患者では,腎機能や肝機能障害に伴い,筋力低下,脂質・糖代謝異常,心機能低下,神経系機能障害,精神心理的異常などさまざまな障害が発生する.これらの二次的障害や合併症により身体活動量が低下し,廃用症候群に陥り,生活の質(QOL)も低下させてしまう.両疾患では身体活動量や運動耐容能が低下した患者の死亡リスクが高く,その予後を改善させるためにも適切な運動や身体活動を積極的に行う対策が必要である.いくつかの腎疾患ガイドラインでは,運動療法の重要性が述べられているが,理想的なプロトコールは十分に確立されていない.包括的な腎臓と肝臓のリハビリテーションが身体機能,筋力の向上,健康関連QOLの改善だけでなく,それぞれの臓器保護のための介入手段のひとつとしても期待されている.
キーワード  身体活動,有酸素運動,レジスタンス運動,腎保護効果,肝保護効果
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
リハビリテーション医学・医療のすべて
264巻13号 2018年3月31日
週刊(B5判,244頁)
定価 6,490円(本体 5,900円+税10%)
注文コード:286580
雑誌コード:20475-3/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.