医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ264巻13号 > 論文詳細
リハビリテーション医学・医療のすべて
264巻13号 2018年3月31日 p.1215-1221
第5土曜特集 リハビリテーション医学・医療のすべて 小児と成人の扁平足障害に対する評価とリハビリテーションアプローチ 植木美乃・他
サマリー   扁平足とは,足部の内側縦アーチが低下または消失した変形である.変形は生直後に加えて歩行開始後間もない幼児期から成人まで幅広くみられ,整形外科やリハビリテーション領域で扱うことが多い.本稿では,幼児期にみられる関節弛緩性を基盤とした可撓性扁平足,年長児にみられる有痛性非可撓性扁平足,さらには成人期扁平足障害の代表病態である後脛骨筋腱機能不全に焦点をあて,病態や成因,特徴的所見,ならびに病態,病期や障害を把握するための評価法,リハビリテーションアプローチを含む保存治療の適応や内容について述べる.
キーワード  可撓性扁平足,足部アーチ,後脛骨筋腱機能不全症,足底挿板,運動療法
第5土曜特集 リハビリテーション医学・医療のすべて 小児と成人の扁平足障害に対する評価とリハビリテーションアプローチ 植木美乃・他
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
リハビリテーション医学・医療のすべて
264巻13号 2018年3月31日
週刊(B5判,244頁)
定価 6,490円(本体 5,900円+税10%)
注文コード:286580
雑誌コード:20475-3/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.