医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ264巻13号 > 論文詳細
リハビリテーション医学・医療のすべて
264巻13号 2018年3月31日 p.1205-1208
第5土曜特集 リハビリテーション医学・医療のすべて 外骨格型ロボットを用いた運動器疾患に対するリハビリテーション医療 羽田康司・山崎正志
サマリー   医療用のロボットは,リハビリテーション(リハ)訓練支援ロボットと生活支援ロボットに大別される.リハ訓練支援ロボットは上肢障害に対するものと下肢障害(歩行障害)に対するものがある.本稿ではリハ支援ロボットであるHALを用いた運動器疾患のリハについて述べる.HALは,@両脚用,A単脚用,B単関節タイプ,C作業支援用(腰タイプ),に大別される.両脚用は脊髄疾患に伴う下肢の麻痺,単関節タイプは人工関節置換術などの膝関節手術後や頸髄症による上肢麻痺,腕神経損傷術後のリハのほか肩関節疾患への適用も試みている.腰タイプは股関節屈曲位からの伸展動作をアシストする機能があり,各種作業における腰部負担軽減を目的として用いている.運動器疾患に対するロボットリハは,時間当りの訓練量の増加やセラピストの負担軽減,訓練内容の質の担保などのメリットだけでなく運動学習への寄与も期待できる.
キーワード  運動器疾患,ロボットリハビリテーション,HAL(hybrid assistive limb),運動学習
第5土曜特集 リハビリテーション医学・医療のすべて 外骨格型ロボットを用いた運動器疾患に対するリハビリテーション医療 羽田康司・山崎正志
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
リハビリテーション医学・医療のすべて
264巻13号 2018年3月31日
週刊(B5判,244頁)
定価 6,490円(本体 5,900円+税10%)
注文コード:286580
雑誌コード:20475-3/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.