医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ264巻13号 > 論文詳細
リハビリテーション医学・医療のすべて
264巻13号 2018年3月31日 p.1199-1203
第5土曜特集 リハビリテーション医学・医療のすべて 上肢切断に対する新しい治療──筋電義手の今 浅見豊子
サマリー   リハビリテーションロボットは,今や医療のみならず介護の現場でも使用されるようになってきている.しかし,これらのリハビリテーションロボットは,現場で十分に有効活用されるところまでには到達していない現状がある.その理由としてあげられるのが,@装着性・操作性,A指導可能なリハビリテーションチームや設備の確保あるいはメンテナンス体制,B公的支給制度ともかかわる価格の問題,などである.しかし,リハビリテーションロボットのなかでも筋電義手については,以前より,補装具の種目に含まれていることで障害者総合支援法により給付が受けられ,平成25年(2013)5月からは,労働者災害補償保険法における支給対象も拡大され,公的支給制度に関する整備は進んできた.しかし,支給制度以外に存在する課題の解決がいまだ不十分なために,筋電義手の普及率が高いとはけっしていえない状況にある.リハビリテーションロボットのひとつでもある高機能で有用な筋電義手が,上肢切断に対する新しい治療手段として,今後さらに普及する必要があると思われる.
キーワード  上肢切断,筋電義手,リハビリテーションロボット,新しい治療,公的支給
第5土曜特集 リハビリテーション医学・医療のすべて 上肢切断に対する新しい治療──筋電義手の今 浅見豊子
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
リハビリテーション医学・医療のすべて
264巻13号 2018年3月31日
週刊(B5判,244頁)
定価 6,490円(本体 5,900円+税10%)
注文コード:286580
雑誌コード:20475-3/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.