医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ264巻13号 > 論文詳細
リハビリテーション医学・医療のすべて
264巻13号 2018年3月31日 p.1173-1178
第5土曜特集 リハビリテーション医学・医療のすべて ロコモティブシンドロームの概念と運動器リハビリテーション 帖佐悦男
サマリー   わが国は超高齢社会を迎え,多くの人が関節や脊椎など運動器の障害による症状を訴えている.こうした症状は加齢とともに回復がいっそう困難となり,運動器の障害により要支援・要介護になる高齢者がもっとも多い(約25%)(表1)ことが報告されている.運動器症候群(ロコモ)はそうした症状・状態の総称であり,健康日本21(第二次)にロコモ認知度の向上や足腰に痛みのある高齢者の減少などが盛り込まれるなど,ロコモの予防,早期発見,早期治療は国をあげた喫緊の課題である.まずは簡易なロコモチェックを行い,ロコモの可能性に気づくこと,つぎにロコモ度テストでロコモ度を判定することが肝要である.また,ロコモ予防には,地域でのロコモ教室(地域共生社会)の活用も有用である.本稿では,ロコモの概念ならびにリハビリテーションについて概説する.
キーワード  運動器,ロコモティブシンドローム(ロコモ),運動器不安定症(マーズ),ロコチェック,ロコトレ
第5土曜特集 リハビリテーション医学・医療のすべて ロコモティブシンドロームの概念と運動器リハビリテーション 帖佐悦男
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
リハビリテーション医学・医療のすべて
264巻13号 2018年3月31日
週刊(B5判,244頁)
定価 6,490円(本体 5,900円+税10%)
注文コード:286580
雑誌コード:20475-3/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.