医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ264巻13号 > 論文詳細
リハビリテーション医学・医療のすべて
264巻13号 2018年3月31日 p.1152-1156
第5土曜特集 リハビリテーション医学・医療のすべて 脳血管障害に対する再生医療とリハビリテーション医学・医療──脳梗塞の再生医療 本望修
サマリー   著者らは1990年代初頭より,脳梗塞や脊髄損傷の動物モデルに対して各種幹細胞をドナーとした移植実験を繰り返し行ってきた.そのなかでも1990年代後半から,骨髄間葉系幹細胞を有用なドナー細胞として注目し,経静脈的に投与することで著明な治療効果が認められるという基礎研究結果を多数報告してきた.現在,自己培養骨髄間葉系幹細胞を薬事法下で一般医療化すべく,治験薬として医師主導治験を実施し,医薬品(細胞生物製剤)として実用化することを試みている.本治験薬の品質および安全性については,PMDAと相談しながら前臨床試験(GLP,non-GLP)を実施し,また,札幌医科大学のCPC(細胞プロセッシング施設)で適正製造基準(GMP)に基づいて製造している.治験薬の成分は自家骨髄間葉系幹細胞(剤型コード:注射剤C1),製造方法は培養(患者本人から採取した骨髄液中の間葉系幹細胞を自己血清を用いて培養したもの)である.脳梗塞については2013年2月に治験届を提出し,医師主導治験を開始している.また,脊髄損傷については2013年10月に治験届を提出し,医師主導治験を実施した.2016年2月には厚生労働省の再生医療等製品の先駆け審査指定制度の対象品目の指定を受け,薬事承認を受けることをめざして現在進行中である.
キーワード  移植,再生医療,細胞療法,静脈内投与,神経再生
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
リハビリテーション医学・医療のすべて
264巻13号 2018年3月31日
週刊(B5判,244頁)
定価 6,490円(本体 5,900円+税10%)
注文コード:286580
雑誌コード:20475-3/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.