医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ255巻5号 > 論文詳細
免疫性神経疾患病態解明と治療の最前線
255巻5号 2015年10月31日 p.563-567
第5土曜特集 免疫性神経疾患――病態解明と治療の最前線 免疫セマフォリンと神経疾患 中辻裕司
サマリー   セマフォリン分子群のなかでも免疫系で重要な機能をもつものは免疫セマフォリンとよばれるが,そのうち代表的な分子としてSema3,Sema4A,Sema4D,Sema7Aについて記述した.Sema4Aは多発性硬化症(MS)やそのモデル動物(EAE)の病態にかかわるのみならず,患者血中Sema4A値はIFN-βによる治療効果予測に有効である.Sema4Dは異なる受容体を介した免疫細胞の活性化やニューロインフラメーションの誘導により,MS/EAEをはじめ他の炎症性疾患の病態にもかかわっており,治療標的ともなっている.Sema3は免疫細胞の移動やMS病巣の再髄鞘化への関与が示唆されており,Sema7AはEAEや他の炎症性疾患における炎症制御にかかわっていることが明らかになってきた.
キーワード  セマフォリン,Sema4A,多発性硬化症(MS),実験的自己免疫性脳脊髄炎(EAE)
第5土曜特集 免疫性神経疾患――病態解明と治療の最前線 免疫セマフォリンと神経疾患 中辻裕司
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
免疫性神経疾患
255巻5号 2015年10月31日
週刊(B5判,264頁)
定価 6,380円(本体 5,800円+税10%)
注文コード:286480
雑誌コード:20475-10/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.