医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ255巻5号 > 論文詳細
免疫性神経疾患病態解明と治療の最前線
255巻5号 2015年10月31日 p.512-516
第5土曜特集 免疫性神経疾患――病態解明と治療の最前線 抗GAD抗体が関連する免疫性神経疾患 入岡隆・横田隆徳
サマリー   GAD(GAD65)は神経細胞シナプス前終末に局在し,GABAの合成に関与する.高力価の抗GAD抗体はstiff person症候群(SPS)を含めてさまざまな免疫性神経疾患と関連する.SPS,小脳失調(CA),辺縁系脳炎(LE),自己免疫性てんかん,眼球運動障害の各病型において,GABA作動性中枢神経抑制系の障害が考えられている.SPSでは免疫グロブリン大量静注療法の有効性が確認されているが,一般に抗GAD抗体関連神経疾患は免疫治療に抵抗性であることが多い.生体内で抗体が結合しにくいと考えられる細胞内蛋白質のひとつであるGADに対する自己抗体が病因として一次的な役割を果たすかどうかについて議論が続いているが,確定的な結論には至っていない.抗GAD抗体関連神経疾患はまれであるが,鑑別診断としてつねに念頭におき症例の蓄積を行うとともに,分子生物学的研究を発展させていくことがよりよい治療開発のためにも重要である.
キーワード  グルタミン酸脱炭酸酵素(GAD),stiff person症候群(SPS),小脳失調(CA),辺縁系脳炎(LE),傍腫瘍性神経症候群
第5土曜特集 免疫性神経疾患――病態解明と治療の最前線 抗GAD抗体が関連する免疫性神経疾患 入岡隆・横田隆徳
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
免疫性神経疾患
255巻5号 2015年10月31日
週刊(B5判,264頁)
定価 6,380円(本体 5,800円+税10%)
注文コード:286480
雑誌コード:20475-10/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.