医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ255巻5号 > 論文詳細
免疫性神経疾患病態解明と治療の最前線
255巻5号 2015年10月31日 p.435-438
第5土曜特集 免疫性神経疾患――病態解明と治療の最前線 多巣性運動ニューロパチー(MMN)の疫学と発症機序 古川貴大・松井尚子
サマリー   多巣性運動ニューロパチー(MMN)はまれな疾患である.代表的な鑑別疾患である筋萎縮性側索硬化症(ALS)とともに男性比率が高いが,MMNのほうがより若年発症である.病態については,抗GM1-IgM抗体が陽性になることや大量γ-グロブリン療法(IVIG)による治療反応性がみられることから,免疫学的機序が推定されている.電気生理学的に運動神経選択的に伝導ブロック(CB)を認めることが特徴とされており,病理学的には病変局所での再髄鞘化の障害や少量の炎症細胞浸潤が報告されている.抗体による補体の活性化や血液-神経関門(BNB)の破綻についても報告されており,徐々に病態の解明が進んでいる.
キーワード  多巣性運動ニューロパチー(MMN),伝導ブロック(CB),大量γ-グロブリン療法(IVIG)
第5土曜特集 免疫性神経疾患――病態解明と治療の最前線 多巣性運動ニューロパチー(MMN)の疫学と発症機序 古川貴大・松井尚子
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
免疫性神経疾患
255巻5号 2015年10月31日
週刊(B5判,264頁)
定価 6,380円(本体 5,800円+税10%)
注文コード:286480
雑誌コード:20475-10/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.