医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ275巻5号 > 論文詳細
がんゲノム医療−網羅的解析からの知見と臨床応用の展望
275巻5号 2020年10月31日 p.615-621
がんゲノムにおけるスプライシング変異の検出
サマリー   ゲノム変異における重要なクラスのひとつに,スプライシングの異常を引き起こすものがある.そのなかで主要なものとしては,イントロンの両端二塩基(GT-AG)における変異であり,この部位における変異によりスプライシング因子の結合に影響が生じ,転写異常が起こることが知られている.しかしながら,GT-AG以外でも,ゲノム変異によってスプライシング異常が生じる例が遺伝性疾患などの解析により数多く知られている.しかし,がんゲノムにおいて,スプライシング変異の正確な全体像の解明は進んでいなかった.本稿では,ゲノムデータとトランスクリプトームデータを統合的用いてスプライシング変異を網羅的に同定する統計的方法論,また,この方法を用いたがん種横断的な大規模解析の結果を紹介する.本解析の結果,GT-AGにおける変異のみならずエクソンの最後の塩基やイントロンの5番目の塩基においてスプライシング変異の集積がみられたこと.また深部イントロンにおいて新規の偽エクソンを生じさせる変異とAlu配列との関連性についての一端などが明らかになった.
キーワード  がんゲノム,ゲノム変異,スプライシング異常
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
がんゲノム医療
275巻5号 2020年10月31日
週刊(B5判,240頁)
定価 6,490円(本体 5,900円+税10%)
注文コード:286690
雑誌コード:20475-10/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.