医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ275巻5号 > 論文詳細
がんゲノム医療−網羅的解析からの知見と臨床応用の展望
275巻5号 2020年10月31日 p.534-538
骨・軟部肉腫のゲノム異常と分子標的
サマリー   骨肉腫や脂肪肉腫に代表される骨・軟部肉腫はいずれもまれな疾患で,現在のWHO分類では100を超える組織型が定義されている.旧来,肉腫の診断には臨床像,画像検査所見,病理組織学所見が主軸に置かれ,それらに基づいて治療などの臨床的な方針が決定されてきた.しかし近年,次世代シーケンサーに代表される遺伝子変異解析技術の飛躍的な向上により,従来の手法では分類できなかった腫瘍の亜型が次々と同定され,その分類に基づいた治療方針の検索がなされるようになってきており,診断・治療に大きな変化が生じてきている.本稿では,肉腫のなかでも比較的頻度の高い骨肉腫,脂肪肉腫,近年特徴的な遺伝学的異常が注目されている腫瘍を中心として,それらにみられる遺伝子異常と,その知見に基づき導入が試みられている治療方法に関して解説していく.
キーワード  骨・軟部腫瘍,分子標的治療薬,遺伝子変異解析
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
がんゲノム医療
275巻5号 2020年10月31日
週刊(B5判,240頁)
定価 6,490円(本体 5,900円+税10%)
注文コード:286690
雑誌コード:20475-10/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.