医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ275巻5号 > 論文詳細
がんゲノム医療−網羅的解析からの知見と臨床応用の展望
275巻5号 2020年10月31日 p.507-511
ALK陽性腫瘍
サマリー   1994年,最初のALK融合タンパクであるNPM-ALKが,未分化大細胞型リンパ腫(ALCL)で報告された.ALK陽性ALCL(ALK+ALCL)以外の造血器腫瘍においては,ALK陽性大細胞型B細胞リンパ腫(ALK+LBCL),ALK陽性組織球症においてALK融合の存在が定義となっている.固形腫瘍における最初のALK融合は,炎症性筋線維芽細胞腫瘍(IMT)において同定された.2007年,ALK陽性上皮性腫瘍の最初の報告として,非小細胞肺がんにおいてEML4-ALKが報告された.その後,腎細胞がん,大腸がん,乳がん,卵巣がん,甲状腺がん,膀胱がんなどにおける報告があるがALK融合の頻度はきわめて低い.その他,皮膚腫瘍としてスピッツ腫瘍や類上皮細胞組織球腫などで,ALK融合が報告されている.
キーワード  ALK,ALK融合,ALK陽性腫瘍
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
がんゲノム医療
275巻5号 2020年10月31日
週刊(B5判,240頁)
定価 6,490円(本体 5,900円+税10%)
注文コード:286690
雑誌コード:20475-10/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.