医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ275巻5号 > 論文詳細
がんゲノム医療−網羅的解析からの知見と臨床応用の展望
275巻5号 2020年10月31日 p.488-494
乳がんの遺伝子解析に基づく治療戦略
サマリー   乳がん領域では個別化医療をめざし,サブタイプ分類や多遺伝子アッセイ,遺伝学的検査,がん組織のがんゲノム検査が臨床導入されている.乳がんの薬物治療はサブタイプ分類に基づいて選択される.原発性乳がんの周術期治療では保険適用外ではあるが,多遺伝子アッセイにより患者個人の再発リスクを分類することが可能になり,多遺伝子アッセイのリスク分類を使用して化学療法追加効果が検討されている.再発治療ではエストロゲンレセプター(ER),HER2の発現状況に応じて,遺伝学的検査やPD-L1検査を行い,治療方針を決定する.がんゲノム検査の導入により,免疫療法,遺伝性乳がんの治療,腫瘍ゲノム異常を標的にした治療や腫瘍ゲノム異常と既存の治療の抵抗性など,幅広く新たな知見が集積されつつあり,個人別に最適な治療が選択,実施できるよう,検査・治療薬の開発,適応への展開が注目される.
キーワード  乳がん,多遺伝子アッセイ,がんゲノム,個別化医療
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
がんゲノム医療
275巻5号 2020年10月31日
週刊(B5判,240頁)
定価 6,490円(本体 5,900円+税10%)
注文コード:286690
雑誌コード:20475-10/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.