医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ275巻5号 > 論文詳細
がんゲノム医療−網羅的解析からの知見と臨床応用の展望
275巻5号 2020年10月31日 p.398-404
わが国におけるがんゲノム医療の展望
サマリー   わが国では,次世代シークエンサーを用いて固形がん組織に生じているがん関連遺伝子の変化を一度に調べる遺伝子パネル検査が2019年に保険収載され,全国200超のがんゲノム医療中核拠点病院・拠点病院・連携病院で保険検査として行われている.これらの検査では,体細胞変異の他,腫瘍変異負荷(TMB),マイクロサテライト不安定性(MSI),生殖細胞系列変異,LOHスコアなどが測定される.得られたゲノム変異データと診療情報は,医師たちと臨床検査企業の尽力により,がんゲノム情報管理センター(C-CAT)に集約されている.現在,血液腫瘍などに対して新たな遺伝子パネル検査の実装が進められているとともに,固形がんにおいては,より侵襲性の低いリキッドバイオプシーを用いた遺伝子パネル検査の薬事承認申請もなされている.一方で,国内外を問わず,遺伝子パネル検査で得られる遺伝子変化の情報が患者の薬剤投与に結びつく割合は10%程度であり,その向上には意義不明変異(VUS)の解決,既知の遺伝子変化に対応した新規治療法の開発,新たな治療標的遺伝子の同定などが必要である.
キーワード  遺伝子パネル検査,ゲノム医療中核拠点病院・拠点病院・連携病院,がんゲノム情報管理センター(C-CAT),リキッドバイオプシー,全ゲノムシークエンス
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
がんゲノム医療
275巻5号 2020年10月31日
週刊(B5判,240頁)
定価 6,490円(本体 5,900円+税10%)
注文コード:286690
雑誌コード:20475-10/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.