医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ243巻13号 > 論文詳細
頭痛最前線よりよき頭痛診療をめざして
243巻13号 2012年12月29日 p.1293-1295
第5土曜特集 頭痛最前線――よりよき頭痛診療をめざして 片頭痛と脳卒中――片頭痛は脳卒中のリスクとなりうるか 加藤裕司
サマリー   片頭痛と脳卒中の関連については古くから関心が寄せられている.ごく最近の研究では,若年女性で前兆のある片頭痛患者において,将来,脳梗塞を起こすリスクが高いようである.さらに喫煙や経口避妊薬などが加わればリスクは増大する.しかし,前兆のない片頭痛や男性に関しては,今のところ明らかなエビデンスがないようである.片頭痛は,高血圧,糖尿病,脂質異常症,心疾患などの確立した脳卒中のリスクに比べれば,はるかに影響の少ない因子であり,実質的なリスクでないと考えるのが妥当であろう.片頭痛患者においても,他の患者同様,日々の健康管理,生活習慣の改善が脳卒中予防において重要と考えられる.
キーワード  片頭痛,脳卒中,脳梗塞
本論文を購入 特集TOPへ戻る
頭痛最前線
243巻13号 2012年12月29日
週刊(B5判,310頁)
発行時参考価格 5,600円
注文コード:286360
雑誌コード:20475-12/29
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.