医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.131 No.4 > 論文詳細
131巻4号 2017年9月25日 p.410-416
 病棟栄養士のためのベーシックセミナー 経腸栄養編  
栄養投与経路の選択と経腸栄養
田無病院
丸山道生
 
栄養投与経路の種類  
 栄養投与経路には,経腸栄養(enteral nutrition:EN)と静脈栄養(parenteral nutrition:PN)がある.経腸栄養には,口から飲んだり食べたりする経口栄養と,経管栄養がある.そして経管栄養は,経鼻アクセスまたは消化管瘻アクセス(胃瘻,空腸瘻,PTEG)を用いて経腸栄養剤を投与する.
 一方,静脈栄養には,末梢静脈内に栄養素を投与する末梢静脈栄養(peripheral parenteral nutrition:PPN)と,中心静脈にカテーテルを留置して栄養素を投与する中心静脈栄養(total parenteral nutrition:TPN)がある.
 消化管機能のアセスメント,すなわち消化吸収能が十分機能しているか,どのレベルから消化管が機能しているのか,などを評価し,さらに栄養補給の必要な期間を想定して,栄養投与経路を決定する.その際,誤嚥の有無や,全身状態,基礎疾患などを考慮して,個々の症例においてもっとも生理的な栄養補給法を選択することが大切である.……(雑誌本文は続きます)
 病棟栄養士のためのベーシックセミナー 経腸栄養編 栄養投与経路の選択と経腸栄養 丸山道生
本誌を購入 特集TOPへ戻る
月刊「臨床栄養」のご注文
病棟栄養士のためのベーシックセミナー 経腸栄養編
131巻4号 2017年9月25日
月刊(B5判,280頁)
定価 3,080円(本体 2,800円+税10%)
注文コード:740910
雑誌コード:09320-09
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
関連著書
がんの栄養管理と栄養指導 エキスパートガイド
「臨床栄養」臨時増刊号129巻4号 がんの栄養管理と栄養指導 エキスパートガイド
丸山道生 編

定価 3,080円(本体 2,800円+税10%)B5判 256頁 2016年9月発行
注文コード:740890



詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.