医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.130 No.6 > 論文詳細
130巻6号 2017年5月25日 p.860-865
 低栄養対策パーフェクトガイド−病態から問い直す最新の栄養管理  
褥瘡
関西電力病院 疾患栄養治療センター 栄養管理室
真壁 昇
キーワード  褥瘡,床ずれ,除脂肪体重,体圧分散
はじめに  
 創傷のなかでも褥瘡と熱傷は,その病態と栄養治療計画の考え方が大きく異なる.水分必要量や腎障害,蛋白異化亢進の程度や,創部の浸出液に含まれる窒素量など,とくに熱傷ではこれらの程度が褥瘡よりも大きいことが知られており,栄養管理も複雑となり同時に概説することはむずかしい.よって本項では,褥瘡にかかわる根拠に基づいた栄養療法について既報をもとに記す.
 創傷治癒遅延の一因として,除脂肪体重(lean body mass:LBM)の減少が栄養学的に重要であることが報告されている.LBM 減少率10%未満では,経口摂取由来の蛋白質は優先的に創傷治癒に利用される一方,20%程度までLBM が減少した場合,経口摂取由来の蛋白質は創傷治癒のみならず,LBM 維持にも同等に利用されるため,創傷治癒が遅延することが知られている.さらに,30%以上のLBM減少時,すなわち窒素死(nitrogen death)と呼ばれる生存が脅かされている状況下では,経口摂取した蛋白質は完全にLBM 維持に利用されるため,LBM が一部回復するまで,創傷治癒は必然的に停止する.したがって,創傷治癒における栄養管理を考えるうえで,LBM 維持向上を念頭に治療戦略を練る必要がある.……(雑誌本文は続きます)
本論文を購入 特集TOPへ戻る
低栄養対策パーフェクトガイド
130巻6号 2017年5月25日
月刊(B5判,298頁)
発行時参考価格 2,800円
注文コード:740900
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
近森栄養ケア Case Study
近森栄養ケア Case Study
近森正幸 監修/宮澤靖 編

定価 3,240円(本体 3,000円+税8%)B5判 152頁 2013年6月発行
注文コード:706160
ISBN978-4-263-70616-9

●姉妹編「近森栄養ケアマニュアル」の症例編.高知市で先進的な栄養ケアを行っている近森病院の栄養ケア事例......
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.