医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ249巻9号 > 論文詳細
腎臓病のすべて
249巻9号 2014年5月31日 p.867-873
第5土曜特集 腎臓病のすべて 腎機能低下時に気をつけるべき薬物動態 酒井行直・鶴岡秀一
サマリー   薬剤の腎排泄には糸球体濾過と尿細管分泌および再吸収の3つの過程があり,近位尿細管で行われる分泌と再吸収には種々のトランスポーター群が関与している.腎機能障害患者では水溶性薬剤および脂溶性薬剤の活性代謝物の蓄積に注意し,また,尿毒症により代謝酵素やトランスポーターが変性し,腎外クリアランスが変化する.尿中排泄率の低い薬剤では併用薬剤との相互作用にも注意が必要である.血清クレアチニン値は体格の影響を受けるため,他のマーカーも含めた腎機能の正しい把握法を理解する必要がある.患者の腎機能,薬剤の尿中排泄率から補正係数を求め,投与量や投与間隔を調整する.しかし,その係数を適応しにくい薬剤も少なからず存在する.透析患者においては,薬剤の体内動態と透析性の両方を勘案する必要がある.
キーワード  腎機能障害,腎排泄,薬物動態,薬物投与設計
第5土曜特集 腎臓病のすべて 腎機能低下時に気をつけるべき薬物動態 酒井行直・鶴岡秀一
本論文を購入 特集TOPへ戻る
腎臓病のすべて
249巻9号 2014年5月31日
週刊(B5判,284頁)
発行時参考価格 5,800円
注文コード:286420
雑誌コード:20475-5/31
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.