医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ243巻13号 > 論文詳細
頭痛最前線よりよき頭痛診療をめざして
243巻13号 2012年12月29日 p.1309-1312
第5土曜特集 頭痛最前線――よりよき頭痛診療をめざして 厚労省と折衝して認められた治療法――バルプロ酸による片頭痛予防とスマトリプタン在宅自己注射 山根清美
サマリー   すでに発売されている薬品のなかには保険適用ではないが,ある種の疾患に効果があるものも少なくない.これらの薬品には製薬会社による治験が改めて実施され,適用追加を取得するものも一部にあるが,種々の事情により治験が行われず放置されているものが多い.これらの薬品あるいは適用以外の使用が必要なものについて各学会・患者会が適用可能となるように努力をしている.その方法として,@内科系保険団体連合(内保連)や外科系保険団体連合(外保連)で検討し厚生労働省(厚労省)に要望すること,A公知申請,B医師主導の治験,C患者団体からの要望,などがある.日本頭痛学会が日本神経学会,日本神経治療学会などと協力し,最近10数年間に適用した薬品や治療法を取得した代表的なものとしては,公知申請によるバルプロ酸の片頭痛予防治療の適用取得とスマトリプタン在宅自己注射がある.
キーワード  バルプロ酸,片頭痛,スマトリプタン,自己注射,在宅注射
本論文を購入 特集TOPへ戻る
頭痛最前線
243巻13号 2012年12月29日
週刊(B5判,310頁)
発行時参考価格 5,600円
注文コード:286360
雑誌コード:20475-12/29
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.