医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ243巻13号 > 論文詳細
頭痛最前線よりよき頭痛診療をめざして
243巻13号 2012年12月29日 p.1192-1196
第5土曜特集 頭痛最前線――よりよき頭痛診療をめざして 慢性連日性頭痛 土井光
サマリー   慢性連日性頭痛は,1994年にSilbersteinらにより提唱された頭痛概念で,1日に4時間以上の頭痛が1カ月に15日間以上続くものとされ,変容型片頭痛,慢性緊張型頭痛,新規発症持続性連日性頭痛,持続性片側頭痛の4病型を定義している.一般人口の約3〜5%が罹患しており,精神疾患の共存が多いことから,治療に難渋することが多い頭痛である.変容型片頭痛や慢性緊張型頭痛,『国際頭痛分類第2版』で定義された薬物乱用頭痛を明確に鑑別することは困難な場合が多く,初期診療では薬物乱用や精神症状の評価をまず行い,もともとの頭痛の性状を正しく評価することが重要である.小児における慢性連日性頭痛も比較的多く認められ,不登校などの社会的問題と関連し,精神症状への対応も含め包括的に診療にあたる必要がある.また,一次性頭痛では慢性群発頭痛や慢性発作性片側頭痛,二次性頭痛では脳脊髄液減少症や特発性頭蓋内圧亢進症など,慢性に経過し連日性に頭痛を呈する疾患も忘れてはならない.
キーワード  慢性連日性頭痛,変容型片頭痛,慢性緊張型頭痛,新規発症持続性連日性頭痛,持続性片側頭痛
本論文を購入 特集TOPへ戻る
頭痛最前線
243巻13号 2012年12月29日
週刊(B5判,310頁)
発行時参考価格 5,600円
注文コード:286360
雑誌コード:20475-12/29
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.