医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ243巻13号 > 論文詳細
頭痛最前線よりよき頭痛診療をめざして
243巻13号 2012年12月29日 p.1140-1145
第5土曜特集 頭痛最前線――よりよき頭痛診療をめざして 頭痛診療における漢方の役割 五野由佳理
サマリー   頭痛診療において漢方の適応となる頭痛は,おもに一次性頭痛のなかでも片頭痛が多い.とくに鎮痛薬の効果が不十分であったり,副作用が出て服用しにくい場合や,女性特有の月経・更年期に関連した頭痛,冷え・むくみ体質のある頭痛に用いられやすい.その他,緊張型頭痛や二次性頭痛の薬物乱用頭痛,精神疾患による頭痛,神経痛にも用いられる.片頭痛に対する代表的な漢方薬は,『慢性頭痛診療ガイドライン(2005)』に掲載されている呉茱萸湯,桂枝人参湯以外にも当帰四逆加呉茱萸生姜湯,半夏白朮天麻湯などがある.緊張型頭痛に対しては,同ガイドラインに掲載されている釣藤散,葛根湯以外にも五苓散,柴胡加竜骨牡蠣湯などがある.本稿では各処方の適応,臨床研究および服用のポイントも含め紹介する.
キーワード  頭痛,漢方,慢性頭痛診療ガイドライン
第5土曜特集 頭痛最前線――よりよき頭痛診療をめざして 頭痛診療における漢方の役割 五野由佳理
本論文を購入 特集TOPへ戻る
頭痛最前線
243巻13号 2012年12月29日
週刊(B5判,310頁)
発行時参考価格 5,600円
注文コード:286360
雑誌コード:20475-12/29
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.