医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ243巻13号 > 論文詳細
頭痛最前線よりよき頭痛診療をめざして
243巻13号 2012年12月29日 p.1103-1109
第5土曜特集 頭痛最前線――よりよき頭痛診療をめざして 片頭痛の分類と診断基準 菊井祥二・竹島多賀夫
サマリー   国際頭痛学会の頭痛分類と診断基準が1988年に刊行されたことにより,頭痛の診断が標準化され,世界各国での研究成果や治療経験を共有し科学的な比較検討をすることが可能になった.これは新しいエビデンスに基づき,2004年に『International Classification of Headache Disorders 2nd Edition(ICHD-II)』として改訂された.片頭痛は1.1「前兆のない片頭痛」,1.2「前兆のある片頭痛」など6個のサブタイプに分類され,さらに下位のサブフォームに分類されている.前兆のある片頭痛は前兆の種類と頭痛のパターンから,1.2.1「典型的前兆に片頭痛を伴うもの」,1.2.2「典型的前兆に非片頭痛様の頭痛を伴うもの」,1.2.3「典型的前兆のみで頭痛を伴わないもの」,1.2.4「家族性片麻痺性片頭痛」,1.2.5「孤発性片麻痺性片頭痛」,1.2.6「脳底型片頭痛」に分類されている.ICHD-IIの活用で容易かつ的確に頭痛診断ができる.日常の頭痛診療および頭痛に関するすべての研究がICHD-IIに基づいて進められることが重要である.臨床的な検討から,2006年には慢性片頭痛などの付録診断基準が提案され,現在第3版への改訂作業がはじまっている.
キーワード  国際頭痛分類第2版,前兆,片麻痺性片頭痛,脳底型片頭痛
第5土曜特集 頭痛最前線――よりよき頭痛診療をめざして 片頭痛の分類と診断基準 菊井祥二・竹島多賀夫
本論文を購入 特集TOPへ戻る
頭痛最前線
243巻13号 2012年12月29日
週刊(B5判,310頁)
発行時参考価格 5,600円
注文コード:286360
雑誌コード:20475-12/29
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.