医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ243巻13号 > 論文詳細
頭痛最前線よりよき頭痛診療をめざして
243巻13号 2012年12月29日 p.1097-1102
第5土曜特集 頭痛最前線――よりよき頭痛診療をめざして 片頭痛オーバービュー――片頭痛とはなにか 岩下達雄・鈴木則宏
サマリー   片頭痛の病態を説明する仮説として,これまで血管説,神経説および三叉神経血管説の3つの機序が考えられ,それぞれ独立して唱えられてきた.今日では,これら3つの仮説は片頭痛における病態の一部をそれぞれ反映しているものとしてとらえられている.片頭痛の前兆は大脳皮質拡延性抑制(CSD)がおもな病態であり,疼痛は三叉神経血管系の神経原性炎症である.これらを引き起こすもの,結びつけるものとして片頭痛発生器の存在が提唱されている.一方,片頭痛の痛みの起源に関しては,脳血管や硬膜など末梢性に起因するという考えと,脳そのものにより三叉神経脊髄路核が活性されて生じているものではないかという考えがある.片頭痛の病態生理にはいまだに解明されていない点があるが,片頭痛とは,「素因を有する個体において何らかの刺激により起こる神経系および血管系の異常反応である」ことに間違いない.すなわち,「セロトニンの生体内での異常変動が惹起する,全身反応を伴う頭蓋血管の異常状態」といえる.
キーワード  片頭痛,大脳皮質拡延性抑制(CSD),三叉神経節,片頭痛発生器
本論文を購入 特集TOPへ戻る
頭痛最前線
243巻13号 2012年12月29日
週刊(B5判,310頁)
発行時参考価格 5,600円
注文コード:286360
雑誌コード:20475-12/29
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.