やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

5,184円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

別冊「医学のあゆみ」
iPS細胞研究最前線
疾患モデルから臓器再生まで

定価 5,184円(本体 4,800円+税8%)
  • 総頁数:184頁 / カラー
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2015年8月
  • 注文コード:284440
  • 雑誌コード:20477-8/25

内容紹介

本書は週刊「医学のあゆみ」の好評連載「iPS細胞研究最前線 疾患モデルから臓器再生まで」をまとめたものであり,iPS/ES細胞研究における様々な臓器・疾患に対する分化誘導技術および再生医療(細胞移植療法)の開発研究,疾患モデル作製研究の現状について解説している.

目次

臨床研究に向けた再生医療開発・研究
1.脊髄損傷に対する神経前駆細胞移植治療
2.パーキンソン病に対するドパミン神経細胞移植―パーキンソン病の臨床研究に向けて
3.ヒトiPS細胞を用いた血小板・赤血球製剤の開発
4.末期変性網膜に対するES/iPS細胞由来網膜シート移植
5.iPS細胞を用いた難治性角膜疾患に対する再生医療開発
6.iPS細胞を用いた心臓再生医療の現状と課題
7.iPS細胞による心筋再生と創薬スクリーニング
8.ヒトES細胞を用いた先天性代謝異常症に対する再生医療
9.細胞リプログラミング技術と軟骨疾患研究
10.ヒト多能性幹細胞を用いたDuchenne型筋ジストロフィーの細胞移植治療法の開発
11.iPS細胞を用いたヒト臓器創出技術の開発
12.iPS細胞を用いた糖尿病に対する膵β細胞置換療法の開発戦略
13.iPS細胞を用いた免疫細胞のin vitro再生
14.iPS細胞からの心血管系への分化誘導
15.iPS細胞を用いた腎疾患に対する再生医療開発
16.iPS細胞を用いた視床下部・下垂体の再生に向けて
17.ES/iPS細胞を用いた内胚葉細胞(膵,肝,小腸)への分化誘導
18.多能性幹細胞を起点とした始原生殖細胞の誘導
19.iPS細胞を用いた三次元臓器の作製
20.発生機構の解析から挑むiPS細胞からの腎臓三次元再構築
21.細胞シート工学とiPS細胞技術を用いた再生医療開発
患者由来iPS細胞を用いた疾患モデル作製研究
22.患者由来iPS細胞を用いた神経疾患研究
23.患者由来iPS細胞を用いた疾患モデル作製研究:血液免疫疾患
24.患者由来iPS細胞を用いた疾患モデル作製研究:骨軟骨疾患
25.患者由来iPS細胞による筋疾患モデル作製

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

長船健二 編