医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.130 No.6 > 論文詳細
130巻6号 2017年5月25日 p.921-927
 低栄養対策パーフェクトガイド−病態から問い直す最新の栄養管理  
神経疾患
亀田総合病院 神経内科
片多史明
キーワード  神経疾患,パーキンソン病,筋萎縮性側索硬化症,内視鏡下胃瘻造設,嚥下障害
神経疾患にはどのようなものがあるか  
 神経系は,脳,脊髄などの中枢神経と,運動神経,感覚神経,自律神経などの末梢神経から構成される.神経系は外部からの情報を統合,処理し,身体機能を制御する重要な役割を担っており,これが異常をきたすのが神経疾患である.神経疾患の原因は,血管障害,中毒,代謝,感染,脱髄,炎症,自己免疫,神経変性など多岐にわたる.また,障害された神経の部位により,出現する症状もさまざまである.
 神経変性疾患と呼ばれる,緩徐に発症し,長い時間経過である特定の神経細胞群が徐々に変性していく疾患では,適切な栄養管理を行えるかどうかが,疾患の進行や予後と密接に関連する.……(雑誌本文は続きます)
 低栄養対策パーフェクトガイド−病態から問い直す最新の栄養管理 神経疾患 片多史明
本論文を購入 特集TOPへ戻る
低栄養対策パーフェクトガイド
130巻6号 2017年5月25日
月刊(B5判,298頁)
発行時参考価格 2,800円
注文コード:740900
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.