医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.130 No.6 > 論文詳細
130巻6号 2017年5月25日 p.779-785
 低栄養対策パーフェクトガイド−病態から問い直す最新の栄養管理  
周術期の低栄養対策
済生会横浜市東部病院 周術期支援センター
谷口英喜,牛込恵子
キーワード  周術期,低栄養,栄養療法,インスリン抵抗性,術後回復促進,DREAM
はじめに  
 周術期の栄養療法に関しては多くの科学的根拠が示され,欧州臨床栄養代謝学会(European Society for Clinical Nutrition and Metabolism:ESPEN),米国静脈経腸栄養学会(American Society for Parenteral and Enteral Nutrition:A.S.P.E.N.),日本静脈経腸栄養学会(Japanese Society for Parenteral and Enteral Nutrition:JSPEN)からガイドラインが公表されている.A.S.P.E.N. と米国集中治療医学会(Society of Critical Care Medicine:SCCM)からは,合同で2009 年にSCCM /A.S.P.E.N. の急性期栄養ガイドラインが公表されている.
 手術患者において,術前に中等度から高度の栄養不良があると,創傷治癒が遅れ,免疫能も低下する.低栄養の状態で手術侵襲が加わると,感染症などの合併症が発生しやすくなる.とくに,ADL の低下した高齢者では,術後肺炎や褥瘡発生の危険性が高まる.一方,栄養状態を改善して手術に臨むことで,術後合併症(縫合不全など)発生率の低下,創傷治癒の早期化,在院日数の短縮,免疫能の改善などの患者の早期回復に寄与することが示されている.本項では,周術期の低栄養対策に関して,科学的根拠を示し概説する.……(雑誌本文は続きます)
 低栄養対策パーフェクトガイド−病態から問い直す最新の栄養管理 周術期の低栄養対策 谷口英喜,牛込恵子
本論文を購入 特集TOPへ戻る
低栄養対策パーフェクトガイド
130巻6号 2017年5月25日
月刊(B5判,298頁)
発行時参考価格 2,800円
注文コード:740900
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
はじめてとりくむ研究発表・論文作成
「臨床栄養」別冊 はじめてとりくむ研究発表・論文作成
谷口英喜 著

定価 3,024円(本体 2,800円+税8%)B5判 180頁 2019年4月発行
注文コード:746430


●プレゼンの極意,学会発表のコツ,論文の書き方,すべて教えます!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.