医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ257巻5号 > 論文詳細
アルツハイマー病UPDATE
257巻5号 2016年4月30日 p.568-574
第5土曜特集 アルツハイマー病UPDATE 認知症サポート医の役割 鷲見幸彦
サマリー   高齢者の増加とともに認知症患者の増加は急速であり,いまやcommon diseaseといえる.このような状況下では,かかりつけ医が参画した早期からの認知症高齢者支援体制の確立と,そのための医師と介護スタッフの教育が急務といえる.2015年度末までに5,067名の認知症サポート医が誕生した.認知症サポート医の役割は,@認知症の人の医療・介護にかかわるかかりつけ医や介護専門職に対するサポート,A地域包括支援センターを中心とした多職種の連携づくり,Bかかりつけ医認知症対応力向上研修の講師や住民等への啓発,であるが,2015年度から開始された認知症初期集中支援チームのチーム員として認知症サポート医であることが必要な要件となった.認知症サポート医の存在は,認知症の鑑別診断能力や外来で扱える行動心理症状への対応力,地域連携や介護について優れた機能を有しており,認知症サポート医の機能を高めることが,地域の認知症対応力を高めることにつながる.
キーワード  認知症サポート医,新オレンジプラン,認知症初期集中支援チーム
第5土曜特集 アルツハイマー病UPDATE 認知症サポート医の役割 鷲見幸彦
本論文を購入 特集TOPへ戻る
アルツハイマー病UPDATE
257巻5号 2016年4月30日
週刊(B5判,272頁)
発行時参考価格 5,800円
注文コード:286500
雑誌コード:20475-4/30
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.