医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ249巻9号 > 論文詳細
腎臓病のすべて
249巻9号 2014年5月31日 p.991-996
第5土曜特集 腎臓病のすべて 酸化ストレスと腎臓病 中山陽介・他
サマリー   生体内で酸素を利用する過程において種々の活性酵素種(ROS)が産生される.しかし,防御機構を凌駕するROS産生が起こる場合は“酸化ストレス”となり,腎障害進展に大きく関与する.生体内においてこの酸化ストレスと関連し,臓器障害を惹起する物質として,非対称性ジメチルアルギニン(ADMA)と終末糖化産物(AGEs)がある.慢性腎臓病(CKD)や糖尿病ではADMAやAGEsが蓄積してROSを亢進する結果,腎障害が進展する.Keap1-Nrf2系はこういったさまざまなタイプのストレス対応システムであることから,腎障害に対してKeap1-Nrf2系を活性化する治療戦略が検討されている.今後,酸化ストレスをターゲットとした治療の有用性が確立されることが期待される.
キーワード  活性酵素種(ROS),酸化ストレス,非対称性ジメチルアルギニン(ADMA),終末糖化産物(AGEs)
第5土曜特集 腎臓病のすべて 酸化ストレスと腎臓病 中山陽介・他
本論文を購入 特集TOPへ戻る
腎臓病のすべて
249巻9号 2014年5月31日
週刊(B5判,284頁)
発行時参考価格 5,800円
注文コード:286420
雑誌コード:20475-5/31
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.