医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ249巻9号 > 論文詳細
腎臓病のすべて
249巻9号 2014年5月31日 p.975-979
第5土曜特集 腎臓病のすべて 慢性腎臓病と慢性炎症 猪阪善隆・樂木宏実
サマリー   慢性炎症は急性炎症が持続したものではなく,炎症の制御機構が破綻したために炎症が遷延化した状態である.慢性炎症が長期持続すると,機能変化や組織のリモデリング・線維化を引き起こす.近年,慢性腎臓病(CKD)の進展に慢性炎症,とりわけ内因性のストレスを感知したインフラマソームの関与が注目されている.インフラマソームとは,カスパーゼ1活性化によるIL-1βやIL-18の分泌などを誘導する,炎症の要となる細胞質内蛋白質複合体である.糖尿病や高尿酸血症など生活習慣病においてもインフラマソームとの関連が指摘されており,CKDの進展にもその関与が報告されている.インフラマソーム活性化メカニズムは徐々に明らかになってきており,慢性炎症をターゲットとした治療法の開発が期待される.
キーワード  慢性炎症,インフラマソーム,カスパーゼ1,自然免疫,高尿酸血症,bardoxoloneメチル
第5土曜特集 腎臓病のすべて 慢性腎臓病と慢性炎症 猪阪善隆・樂木宏実
本論文を購入 特集TOPへ戻る
腎臓病のすべて
249巻9号 2014年5月31日
週刊(B5判,284頁)
発行時参考価格 5,800円
注文コード:286420
雑誌コード:20475-5/31
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.