医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ227巻9号 > 論文詳細
がん放射線治療UPDATE知っておけばこんなに変わる放射線治療成績
227巻9号 2008年11月29日 p.850-855
第5土曜特集 がん放射線治療UPDATE──知っておけばこんなに変わる放射線治療成績 ケロイドの放射線治療──最適線量と自己管理で最高のパフォーマンスを 宮下次廣
サマリー   放射線治療は今日では悪性腫瘍の三大治療のひとつとして重要であるが,良性疾患の治療手段としての歴史も長い.現在でも放射線治療が行われているおもな疾患はケロイド,甲状腺眼症,デスモイド,翼状片,動静脈奇形,Langerhans 細胞組織球症,上咽頭血管線維腫,そして有痛性増殖性骨関節疾患である.放射線誘発癌のリスクについては,正常組織の防護を配慮した標準的治療では多くの場合,問題にはならない.世界中でもっとも認知されている良性疾患の放射線治療は,良性脳腫瘍を除くとケロイドである.ケロイドは肉体的かつ精神的な患者の苦悩が強く,おもに難治例・再発例に対し術後放射線照射が行われる.標準的術後照射線量は 15 Gy で,連日 3 分割で術後ただちに投与する.再発率は 10〜20%である.しかし胸骨部,肩甲部,恥骨上部は再発率が 30%前後と高いため,投与線量を 20 Gy/4 分割とする.耳垂のピアスケロイドは再発率が低く,10 Gy/2 分割でもよい.治療後しばらくは自己管理が必要である.
キーワード  ケロイド,良性疾患,術後照射,電子線照射,放射線治療
第5土曜特集 がん放射線治療UPDATE──知っておけばこんなに変わる放射線治療成績 ケロイドの放射線治療──最適線量と自己管理で最高のパフォーマンスを 宮下次廣
本論文を購入 特集TOPへ戻る
がん放射線治療UPDATE
227巻9号 2008年11月29日
週刊(B5判,228頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286190
雑誌コード:20475-11/29
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.