医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ > 第5土曜特集号
237巻5号 2011年4月30日
第5土曜特集臓器移植の新時代
はじめに
第5土曜特集 臓器移植の新時代 はじめに 田中紘一
  2010 年 7 月の改正臓器移植法の施行により,“臓器提供したい人としたくない人”の意思を尊重するポリシーに大きく近づき,1997 年に施行された脳死臓器移植法のもとで低迷した脳死移植数が増加しうると予測されている.しかし,移植先進国の過去の歩み,相対的臓器提供の相対的不足克服への現状,将来のイノベーションの開発に向けての取組みを俯瞰してみると,学会,行政,社会,さらにメディアなどの関係者のたゆまぬ努力がなされていることがわかる.また,各国の臓器移植の自給自足と生命倫理遵守を提唱した国際学会イスタンブール宣言を踏まえてみても,わが国の新しい社会基盤への整備に引き続き関係者が努めなければならない.課題も多く,本特集では当面取り組むべきいくつかの点を論じていただき,明日へ向かって解決すべき方向性を示していただいたものと確信する.
 一方,臓器移植新時代を迎えて現時点の各臓器移植の現状を理解し,今どのような課題を抱えているか,そしてその解決と改善への展望を指摘していただいた.臓器移植が普及するには臓器提供数の増加がもっとも重要で必須であることはいうまでもないが,わが国ではこの社会的基盤整備が遅れている.日本臓器移植ネットワークとの連携,それぞれの役割と負担,臓器提供に至るまでのプロセスの見直しと改善,臓器提供施設における提供体制などのどれをとっても重い課題がのしかかる.解決を急がねばならないこと,PDCA サイクルを回しながら改善しなければならないことも多い.
 わが国は脳死移植の実績なしに生体ドナー移植が展開されてきた.現在も肝移植,肺移植さらには腎移植も生体間移植が主流であり,今後も当分はこの点は変わりないと予測されているが,脳死移植への早い段階への移行も急がれている.生体間移植にとって生体ドナーの保護と補償,生体ドナーの意思決定のあるべき姿はつねに検討され,よりよい方向に導かねばならない.
 さらに,臓器移植の発展のためには技術革新の進歩とともに基礎研究・臨床研究のイノベーションも重要である.国はライフイノベーションをわが国の将来の発展のひとつの方向として示しており,具体的にいくつかの重点項目が取り上げられている.移植分野は焦点から取り残された感があるが,さらに発展させ,国際学会を通じて国際貢献に努める必要がある.この視点から限られた研究テーマで注目すべき研究開発動向を紹介していただけたと思う.
目 次
新しい社会基盤の整備に向けて
改正臓器移植法の問題点と今後の展開……水野紀子 詳細
臓器移植の社会的基盤構築……篠崎尚史・浅水健志 詳細
イスタンブール宣言後のWHO・国際移植学会の取組み……高原史郎・他 詳細
改正臓器移植法の施行に伴う社会システムの改善……瓜生原葉子 詳細
ドナーアクションプログラム――良質で確実な臓器提供をめざした院内体制の構築……長谷川友紀・他 詳細
臓器提供の啓蒙,教育――海外・国内での取組み……猪股裕紀洋・阿曽沼克弘 詳細
わが国における脳死移植の現状と今後
心臓移植……中谷武嗣・藤田知之 詳細
わが国の脳死肺移植の現状……伊達洋至 詳細
わが国における脳死肝移植の現状……伊藤孝司・他 詳細
わが国における腎移植の現状と今後の課題――12,000人の献腎移植希望者を救うためにわれわれが進む方向……佐々木ひと美・星長清隆 詳細
膵移植の現況と今後……伊藤壽記 詳細
脳死小腸移植の現状と将来……仁尾正記・和田基 詳細
脳死臓器提供に関する課題
脳死下臓器提供のあっせん(コーディネーション)における問題と今後の課題……朝居朋子・小中節子 詳細
都道府県コーディネーターの役割と課題――地域に根ざした活動……岩田誠司 詳細
レシピエント移植コーディネーターの役割――臓器移植の新時代……添田英津子 詳細
臓器提供における看取りの医療の重要性……鹿野恒 詳細
脳死下におけるドナー管理……谷口雅彦・他 詳細
臓器提供病院への支援のあり方をどのようにするか……久志本成樹 詳細
改正臓器移植法後の臓器提供に対する医療機関の責任――臓器提供を適正かつ安全に行うためのシステム構築……小野元 詳細
メディカルコンサルタントの現状と改正法施行後の課題……福嶌教偉 詳細
生体ドナー移植の新しい展開
生体ドナーの保護と補償のあり方……加藤俊一 詳細
生体ドナー候補者の意思決定をいかに支援し,確認するか……西村勝治 詳細
生体肝移植における肝静脈再建の新しい視点……田中紘一・山田貴子 詳細
生体肺移植の技術進歩……大藤剛宏 詳細
生体腎移植の技術進歩……吉村了勇 詳細
臓器移植の感染症克服
腎移植後のサイトメガロウイルス(CMV)感染症の診断と治療――日本臨床腎移植学会“腎移植後サイトメガロ感染症ガイドライン”……相川厚 詳細
臓器移植における真菌症治療戦略……高槻光寿 詳細
臓器移植における病院内感染症対策……長尾美紀・一山智 詳細
肝炎ウイルスに対する抗再活性治療――移植後肝炎再発……菅原寧彦 詳細
研究の新しい展開
医療の課題とその解決を目的としたシステム開発……山田貴子 詳細
免疫抑制剤の新しい動向……尾本和也・田邉一成 詳細
抗HLA抗体の治療戦略……中川健 詳細
慢性拒絶反応の成因と対策……大段秀樹 詳細
異種臓器移植の臨床応用をめざして――前臨床異種移植はここまで進んでいる……山田和彦・佐原寿史 詳細
移植医療と再生医療の融合……松山晃文 詳細
再生医学の融合による移植医療の新しい展開……小林英司 詳細
免疫寛容誘導――現状とこれから……奥村康・場集田寿 詳細
臓器保存の現状と今後――新しい保存法開発のための基礎知識……深井原・嶋村剛 詳細
ハイブリッド型人工肝臓の現状とこれから……水本博・梶原稔尚 詳細
巻末資料
WHO GUIDING PRINCIPLES ON HUMAN CELL,TISSUE AND ORGAN TRANSPLANTATION(WHOの移植指針) 詳細
臓器取引と移植ツーリズムに関するイスタンブール宣言 詳細
臓器移植の新時代
237巻5号 2011年4月30日
週刊(B5判,270頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286290
雑誌コード:20475-4/30
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
この本を買った人はこんな本も買っています
膵頭十二指腸切除術  
膵頭十二指腸切除術

大井田尚継 著
認知症  
認知症

岩坪威 編
関節リウマチ  
関節リウマチ

竹内勤 編
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.