医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ259巻14号 > 論文詳細
循環器薬物療法UPDATE
259巻14号 2016年12月31日 p.1365-1370
第5土曜特集 循環器薬物療法UPDATE 小児循環器領域における薬物療法──特殊性と治療の実際 澤田博文・三谷義英
サマリー   小児に循環器薬物治療を行う際の特殊性として,@新生児からの成長発達過程では薬剤の吸収,代謝酵素活性,排泄機能などに質的・量的な発達変化が生じること,A心血管構造異常を伴う先天性心疾患が対象となり,多様な血行動態に対応が必要なこと,B小児領域での未承認薬,適応外薬が多いことや,大規模な研究に基づくエビデンスに乏しいこと,があげられる.このような背景で,抗心不全薬,抗不整脈薬,肺高血圧治療薬,抗血栓凝固療法などが,先天性心疾患や川崎病などの小児に対しても適用されている.多くの治療は,通常循環を対象とした成人領域の研究に基づいて導入されたが,左右短絡,単心室循環,体循環を担う右室,術後病変による右心不全など,小児期特有の病態における治療効果も報告されている.未承認薬,適応外薬についても,厚生労働省や関連学会による取組みがなされ,小児への適応拡大に一定の成果をあげている.
キーワード  薬物療法,先天性心疾患,川崎病,フォンタン手術,肺高血圧
第5土曜特集 循環器薬物療法UPDATE 小児循環器領域における薬物療法──特殊性と治療の実際 澤田博文・三谷義英
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
循環器薬物療法UPDATE
259巻14号 2016年12月31日
週刊(B5判,282頁)
定価 6,380円(本体 5,800円+税10%)
注文コード:286530
雑誌コード:20475-12/31
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.