医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ259巻5号 > 論文詳細
マクロファージのすべて
259巻5号 2016年10月29日 p.555-559
第5土曜特集 マクロファージのすべて 寄生虫感染症におけるマクロファージ 阿戸学
サマリー   寄生虫は,原虫から大型の蠕虫(ぜんちゅう)まで幅広い生物種を含み,その豊富なゲノム情報を利用して,宿主内での多種多様な免疫回避ツールにより,感染を成立させる.マクロファージは.寄生虫感染に対して強い傷害作用をもつ急性期生体防御の要となる細胞である.一方,多くの細胞内寄生原虫にとってマクロファージは寄生標的であり,原虫は細胞内に取り込まれた後,殺菌機構をすり抜けて自己増殖を行いつつ,ほかの免疫機構から回避し,マクロファージを持続感染の拠点として病原性を発揮する.これらがワクチンや治療薬開発の障害となっている.本稿では,この寄生虫-マクロファージ相互関係の二面性と病態との関連について,最近の分子細胞学的知見に基づいて解説する.
キーワード  寄生虫,蠕虫,原虫,M1/M2,寄生胞
第5土曜特集 マクロファージのすべて 寄生虫感染症におけるマクロファージ 阿戸学
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
マクロファージのすべて
259巻5号 2016年10月29日
週刊(B5判,268頁)
定価 6,380円(本体 5,800円+税10%)
注文コード:286520
雑誌コード:20475-10/29
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.