医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ259巻5号 > 論文詳細
マクロファージのすべて
259巻5号 2016年10月29日 p.371-376
第5土曜特集 マクロファージのすべて 炎症性サイトカインIL-6とその転写後調節 吉永正憲・竹内理
サマリー   インターロイキン6(IL-6)はTNFやIL-1と並び,マクロファージから産生される主要な炎症性サイトカインである.IL-6は非常に多彩な生物学的活性を有しており,自然免疫系および獲得免疫系を制御して生体防御を担う.その一方,IL-6はさまざまな疾患において過剰に産生されているため,IL-6の発現調節機構の解明は重要な研究課題である.近年,IL-6の発現調節には転写やエピジェネティック制御に加え,転写後調節を担う分子(miRNA,RNA結合蛋白質Regnase-1,Roquinなど)が広く関与していることが明らかとなってきた.これらはIL-6 mRNAの3′非翻訳領域にある特定の配列を認識することでIL-6 mRNAの安定化あるいは不安定化を引き起こす.これらの分子は単に冗長的に存在するのではなく,異なる分子機構を介して作用し,IL-6の精緻な発現調節を行っている.
キーワード  インターロイキン6(IL-6),転写後調節,Regnase-1
第5土曜特集 マクロファージのすべて 炎症性サイトカインIL-6とその転写後調節 吉永正憲・竹内理
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
マクロファージのすべて
259巻5号 2016年10月29日
週刊(B5判,268頁)
定価 6,380円(本体 5,800円+税10%)
注文コード:286520
雑誌コード:20475-10/29
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.