医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ259巻5号 > 論文詳細
マクロファージのすべて
259巻5号 2016年10月29日 p.409-412
第5土曜特集 マクロファージのすべて 組織マクロファージ:総論 北沢祐介・松野健二郎
サマリー   組織マクロファージは全身に分布し,免疫監視を行う自然免疫系のキーとなる造血系の細胞であり,臓器によってフェノタイプや機能が異なる.起源に関しては,Van Furthらが唱えた単核食細胞系(MPS)の学説のなかで,骨髄でつくられた単球由来であると信じられてきたが,最近fate mapping法などにより,ほとんどが卵黄嚢などの原始マクロファージに由来することがわかってきた.これは,単球がすべてのマクロファージの前駆体であるというパラダイムがシフトしつつあることを示し,Takahashiらが主張してきた卵黄嚢由来という学説が再評価されたことになる.細胞数の維持に関しても,骨髄から供給されるわけではなく,組織内で増殖により自己新生すると考えられている.基本的機能は臓器の発達や恒常性維持に関与しており,M2型マクロファージに近いと考えられる.臓器特異的な機能の獲得は,局所の環境因子(サイトカインや代謝産物など)が特異的な転写因子を誘導して起こるものと考えられている.
キーワード  組織マクロファージ,卵黄嚢マクロファージ,自己再生,臓器特異的機能,恒常性維持
本誌を購入 特集TOPへ戻る
週刊「医学のあゆみ」のご注文
マクロファージのすべて
259巻5号 2016年10月29日
週刊(B5判,268頁)
定価 6,380円(本体 5,800円+税10%)
注文コード:286520
雑誌コード:20475-10/29
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2019 Ishiyaku Pub,Inc.