医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ249巻9号 > 論文詳細
腎臓病のすべて
249巻9号 2014年5月31日 p.771-776
第5土曜特集 腎臓病のすべて 腎疾患の画像診断の活用と造影剤投与の留意点 陣崎雅弘・他
サマリー   腎疾患の画像診断においては超音波が第一選択になることが多い.代表的な疾患として腎不全,腎血管性高血圧,透析腎癌を取りあげた.最近では腎障害の指標や透析腎癌の検出としてMRIの拡散強調像,腎血管狭窄の評価法として非造影MR angographyなどが登場し,今後に期待される.造影剤投与での留意点は,eGFRが60mL/min/1.73m2以下ではヨード造影剤による腎症発症のリスクが増加し,eGFRが45mL/min/1.73m2未満の患者に造影CTを行う際には補液などの十分な予防策を講じる必要がある.MRIのガドリニウム造影剤はeGFRが30mL/min/1.73m2以下の患者には投与を避ける.
キーワード  腎不全,腎血管性高血圧,透析腎癌,造影剤腎症,腎性全身性線維症
第5土曜特集 腎臓病のすべて 腎疾患の画像診断の活用と造影剤投与の留意点 陣崎雅弘・他
本論文を購入 特集TOPへ戻る
腎臓病のすべて
249巻9号 2014年5月31日
週刊(B5判,284頁)
発行時参考価格 5,800円
注文コード:286420
雑誌コード:20475-5/31
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.