医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ239巻14号 > 論文詳細
次世代 iPS医療
239巻14号 2011年12月31日 p.1295-1300
第5土曜特集 次世代 iPS医療 多能性幹細胞新時代における生殖細胞分化誘導の試み 今村公紀・野瀬俊明
サマリー   幹細胞生物学分野に大きな衝撃を与えた人工多能性幹(iPS)細胞は,遺伝子導入による体細胞の初期化によって誘導される新しいタイプの多能性幹細胞株である.iPS 細胞がさまざまな細胞系譜に分化しうることは,細胞培養および生体内移植の系によって確認され,マウスにおいては生殖系列への寄与も証明されている.このことは,iPS 細胞が単に内部細胞塊由来の胚性幹(ES)細胞と同等の分化多能性を有することを示した以上に,“成体の体細胞から配偶子を作製しうる”というあらたな可能性を提示することとなった.本稿では,ES/iPS 細胞の生殖細胞分化誘導研究の経緯と進展を俯瞰するとともに,iPS 細胞を用いた著者ら自身の研究内容についても概説する.
キーワード  人工多能性幹細胞(iPS細胞),生殖細胞,分化誘導
第5土曜特集 次世代 iPS医療 多能性幹細胞新時代における生殖細胞分化誘導の試み 今村公紀・野瀬俊明
本論文を購入 特集TOPへ戻る
次世代 iPS医療
239巻14号 2011年12月31日
週刊(B5判,270頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286320
雑誌コード:20475-12/31
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2020 Ishiyaku Pub,Inc.