医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ237巻5号 > 論文詳細
臓器移植の新時代
237巻5号 2011年4月30日 p.572-576
第5土曜特集 臓器移植の新時代 再生医学の融合による移植医療の新しい展開 小林英司
サマリー   幹細胞研究のめざましい進歩に牽引され,再生医療の現実化が期待されている.なかでも骨髄や脂肪から樹立できる間葉系幹細胞(MSC)は遺伝子操作なく作成が可能で,in vivo では癌や奇形腫にならないことから,急速に種々の疾患へ臨床応用されはじめた.臓器移植においても MSC の免疫調整能に注目し,種々の臓器移植における免疫抑制薬軽減の試みがなされている.著者らは,MSC のもつ免疫調整能に加え,抗炎症作用や肝細胞増殖作用に注目して生体肝移植での臨床応用を検討している.すなわち,ドナーの負担軽減を目的に切除する肝を可能なかぎり少量とし,レシピエント体内で MSC を併用することで虚血・再灌流障害を防ぎ,速やかに適正サイズまで移植肝細胞を増殖させるものである.そのために MSC を血管内に安全に注入する必要があるが,MSC の懸濁法の開発に成功した.そして前臨床モデルでの検討としてミニブタモデルを用いて虚血再灌流障害防止効果を検証した.本稿では,生体肝移植医療の弱点を MSC を使用することで補う,移植医療と再生医療の融合型治療の可能性を紹介した.
キーワード  生体肝移植,幹細胞治療,間葉系幹細胞(MSC)
第5土曜特集 臓器移植の新時代 再生医学の融合による移植医療の新しい展開 小林英司
本論文を購入 特集TOPへ戻る
臓器移植の新時代
237巻5号 2011年4月30日
週刊(B5判,270頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286290
雑誌コード:20475-4/30
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.