医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ237巻5号 > 論文詳細
臓器移植の新時代
237巻5号 2011年4月30日 p.471-475
第5土曜特集 臓器移植の新時代 改正臓器移植法後の臓器提供に対する医療機関の責任――臓器提供を適正かつ安全に行うためのシステム構築 小野元
サマリー   2010 年の改正臓器移植法施行後,脳死下臓器提供症例は増えつつある.増加の大きな理由としてあげられているのは,提供臓器の摘出が家族の意思でも可能となったことである.これまでも心停止下臓器提供(腎,角膜,膵)は家族の意思があれば可能であったが,今後は本人や家族の意思によっては,より多くの脳死下臓器提供対応が求められる.つまり改正臓器移植法は個々のさまざまな価値観を通じ,各医療機関の対応を迫ることになったともいえる.そして価値観や意思が多様化していくなかで,提供病院における体制整備についての取り組むべき課題も増加した.つまり重要なことは,医療現場を支える院内体制の整備である.そこで,今回は臓器提供に対する医療機関のあり方を中心に検討する.
キーワード  院内体制,臓器移植,リスクマネジメント
第5土曜特集 臓器移植の新時代 改正臓器移植法後の臓器提供に対する医療機関の責任――臓器提供を適正かつ安全に行うためのシステム構築 小野元
本論文を購入 特集TOPへ戻る
臓器移植の新時代
237巻5号 2011年4月30日
週刊(B5判,270頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286290
雑誌コード:20475-4/30
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.