医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ237巻5号 > 論文詳細
臓器移植の新時代
237巻5号 2011年4月30日 p.466-470
第5土曜特集 臓器移植の新時代 臓器提供病院への支援のあり方をどのようにするか 久志本成樹
サマリー   平成 9 年(1997)10 月,いわゆる臓器移植法が施行され,平成 22 年(2010)7 月,本人の書面による意思表示の義務付けをやめ,本人の拒否がないかぎり家族の同意で提供できるようにする改正法の施行により,脳死下臓器提供は大きく増加,そして前進することが予想される.しかし,提供施設制限による,いわゆる 5 類型施設以外での意思表示による提供不能例が多く存在するために,その意思を尊重することができない.また,提供施設において脳死下臓器提供が日常的な業務とはいえない現況においては,スタッフの負担軽減,日常診療への影響の減少,および地域救急医療体制の維持のために脳死判定およびドナー管理に関するシステム化した支援体制確立が必要である.さらに,オプション呈示を受けた家族に対しては,提供の如何によらない院内ドナーコーディネーターを中心とした精神的サポートを含む施設内体制の確立・整備が求められる.
キーワード  脳死,臓器提供,臓器提供施設
第5土曜特集 臓器移植の新時代 臓器提供病院への支援のあり方をどのようにするか 久志本成樹
本論文を購入 特集TOPへ戻る
臓器移植の新時代
237巻5号 2011年4月30日
週刊(B5判,270頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286290
雑誌コード:20475-4/30
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.