医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ237巻5号 > 論文詳細
臓器移植の新時代
237巻5号 2011年4月30日 p.413-417
第5土曜特集 臓器移植の新時代 わが国における腎移植の現状と今後の課題――12,000人の献腎移植希望者を救うためにわれわれが進む方向 佐々木ひと美・星長清隆
サマリー   現在日本では約 28 万人が慢性腎不全のため透析治療を行っており,このうち 12,000 人が献腎移植を希望している.免疫抑制剤の開発により,従来行われてきた腎移植の成績は飛躍的に向上し,慢性腎不全の医療として認められるようになった.しかし,献腎数は諸外国に比べきわめて少なく,1 年間に行われる献腎移植数は献腎移植希望登録者の約 1.6%(2009 年,日本臓器移植ネットワークより)にすぎない.そのためわが国では生体腎移植がつねに献腎移植を上まわる状況が続いている.またドナーも心停止ドナーからの献腎に頼ってきた.脳死に比べ心停止後のドナーでは移植腎機能が悪いとされ,欧米ではマージナルドナーと称される.しかし,わが国の献腎移植における移植腎予後は,アメリカにおける脳死ドナーからの献腎移植予後と遜色ないことが証明されている.今後も慢性腎不全患者は増加すると思われ,献腎移植が慢性腎不全の最良の医療となるためには,やはりドナー数を増やし,移植までの待機期間をすこしでも短くする必要がある.そのため心停止・脳死からの臓器提供の必要性を広く啓蒙し続けなければ,わが国の移植医療に進歩はない.
キーワード  慢性腎不全,献腎移植,心停止ドナー,脳死ドナー
本論文を購入 特集TOPへ戻る
臓器移植の新時代
237巻5号 2011年4月30日
週刊(B5判,270頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286290
雑誌コード:20475-4/30
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.