医歯薬出版のページサイトマップ
医学のあゆみTOP最新号通常号第1土曜特集号第5土曜特集号バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧医学のあゆみ227巻9号 > 論文詳細
がん放射線治療UPDATE知っておけばこんなに変わる放射線治療成績
227巻9号 2008年11月29日 p.787-790
第5土曜特集 がん放射線治療UPDATE──知っておけばこんなに変わる放射線治療成績 I-125シード療法における線量増加 萬篤憲・戸矢和仁
サマリー   ヨウ素 125 密封小線源永久挿入療法(I−125 シード療法)は膀胱や直腸を避け,前立腺組織に十分な放射線を照射できる.処置は 1 時間と短く,安全性と QOL に優れている.日本では 2003 年 9 月より急速に普及し,すでに 9,000 件が実施された.近年は術中計画などの技術が進歩し,より高い線量を安全に投与することが可能となってきた.低リスクの前立腺癌はシード療法(処方線量 145 Gy)のよい適応であるが,最近は中リスクに対してもシード療法による良好な成績が報告されている.日本では短期観察であるが,アメリカと同等の成果が得られている.当院では実施件数が増えるとともに,治療による合併症の程度とその原因が明らかとなってきた.術中計画により 160〜200 Gy 以上の高線量を投与しても重篤な合併症を生じないこともわかってきた.技術の進歩とともに段階的に線量増加を安全に実施することが可能となった.技術の向上と線量増加に伴い,より良好な長期成績が期待される.
キーワード  ヨウ素125(I−125),小線源療法,前立腺癌,線量増加
第5土曜特集 がん放射線治療UPDATE──知っておけばこんなに変わる放射線治療成績 I-125シード療法における線量増加 萬篤憲・戸矢和仁
本論文を購入 特集TOPへ戻る
がん放射線治療UPDATE
227巻9号 2008年11月29日
週刊(B5判,228頁)
発行時参考価格 5,200円
注文コード:286190
雑誌コード:20475-11/29
ダウンロード購入
『医学のあゆみ』は発行から1年後に論文単位で全文検索可能なPDFファイルのダウンロード購入ができます.
詳細はPierOnline
Pier Online
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.