やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

2,970円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

演習で学ぶ
言語聴覚療法評価入門

定価 2,970円(本体 2,700円+税10%)
  • 総頁数:140頁 / 2色
  • 判型:B5判
  • 発行年月:2012年1月
  • ISBN978-4-263-21389-6
  • 注文コード:213890

●評価の基礎について習得するための超入門用テキスト

内容紹介

●言語聴覚療法の専門的学習に先立って必要な重要基礎事項のうち,特に評価の基礎について習得するための超入門用テキストであり,解説編と演習編からなる.
●単に評価の基礎知識を解説するだけでなく,「知識と実際の臨床場面とのギャップを埋めるための解説」をめざした.また,さらに演習編においては演習タスクを設けて,机上の知識に終わってしまわないように心がけた.
●習得すべき基礎知識や関連情報については,豊富な図表,簡潔で平易な記述によって解説しているので,教員指導のもとでの講義用テキストというだけでなく,学習者の自主学習用教材としても活用できる.
●学生はもちろん,新人や比較的経験年数の短い現役言語聴覚士,復職する有資格者などにとっても,評価に関する基礎知識の確認に活用できる.

目次

Chapter 1 解説編
Section 1 言語聴覚療法における評価・診断
Section 2 評価の手段としての検査・観察
Section 3 スクリーニング検査の重要性
Section 4 自覚的検査と他覚的検査
Section 5 妥当性と信頼性
Section 6 尺度と単位
Section 7 刺激と反応
Section 8 感覚の測定法(精神物理学的測定法)
Section 9 閾値の概念
Section 10 認知情報処理
Section 11 観察と観察記録
Section 12 検査場面の枠組み
Section 13 検査の流れ
Chapter 2 演習編
Intro はじめに
演習タスク1 数唱によるAMS(聴覚的記憶範囲)課題
演習タスク2 単語リスト記銘課題
演習タスク3 ミューラー・リヤー錯視における錯視量
演習タスク4 オージオメータの基本操作
演習タスク5 極限法(上昇系列法)による聴覚閾値の測定
演習タスク6 練習問題とクイズ

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【著者略歴】
山田弘幸【やまだひろゆき】
 1979年 関西学院大学文学部心理学科 卒業
 1981年 関西学院大学大学院博士課程前期課程心理学専攻 修了
 1982年 国立障害者リハビリテーションセンター学院ST課程 修了
 同 年〜 北九州市立総合療育センター訓練科
 1992年〜 長崎リハビリテーション学院言語療法学科
 1997年〜 高知リハビリテーション学院言語療法学科
 2000年〜 九州保健福祉大学保健科学部言語聴覚療法学科
 2006年〜 同保健科学部 教授
 現在に至る

執筆者の関連書籍を探す場合は下に表示された名前をクリックしてください

山田弘幸 著/山田美弥子 イラスト