やさしさと健康の新世紀を開く 医歯薬出版株式会社

1,944円(税込)
発売中 在庫あり
24:00までにご注文いただければ翌営業日に発送いたします.
送料:200円代金引換の場合は別途250円,後払いの場合は別途200円の手数料がかかります.

全体構造法でとり組む 失語症の在宅リハビリ

道関京子 編著
定価 1,944円(本体 1,800円+税8%)
  • 総頁数:172頁
  • 判型:A5判
  • 発行年月:2007年6月
  • ISBN978-4-263-20598-3
  • 注文コード:205980

内容紹介

在宅失語症患者のための在宅訓練の手引き書.軽度・中程度までを対象として,「はなし言葉の習得」を目指し,失語症者自らの自発性主体の言語訓練を求める「全体構造法」により,患者およびその家族に理解されることを念じわかりやすく解説.

目次

1 失語症治療における全体構造法の考え方(道関京子)
2 失語症の在宅リハビリの実際(道関京子)
3 タイプ別に行う訓練の実際(道関京子)
4 全体構造法はこんな言語障害にも有効です

著者所属/略歴 ※本書が刊行された当時のものです.現在とは異なる場合があります.

【編者略歴】
道関京子【どうせきけいこ】
 1971年 大阪大学経済学部卒業
 1979年 国立聴能言語専門職員養成所修了
     兵庫県リハビリテーションセンターを経て,
 1990年 上智大学大学院外国語学部言語障害修士課程修了
     東京慈恵会医科大学リハビリテーション科言語主任を経て現在,学校法人 葵会学園,千葉・柏たなか病院勤務

関連領域からさがす