医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.126 No.6 > 論文詳細
126巻6号 2015年5月25日 p.852-857
 栄養療法のピットフォール−よりよい栄養ケアのために  
末梢静脈栄養(PPN)の有用性と課題
東北大学医学部 先進外科
櫻井 直,亀井 尚
岩手県立中央病院 外科
宮田 剛
キーワード  PPN,浸透圧比,NPC/N 比,脂肪乳剤,静脈炎
はじめに  
 末梢静脈栄養(peripheral parenteral nutrition:PPN)は末梢静脈から輸液療法を行う方法であり,中心静脈栄養法(total parenteral nutrition:TPN)と比べ手技が簡便で合併症の頻度が低く,安全に施行できる栄養療法である.末梢静脈からは,主として水分電解質の補給が行われるが,10%ブドウ糖液やアミノ酸製剤,脂肪乳剤を使用すると,1 日あたり1,000 〜1,200 kcal 程度の栄養を投与することが可能である.したがって,PPN は米国静脈経腸栄養学会(American Society for Parenteral and Enteral Nutrition:A.S.P.E.N.)ガイドラインにも示されているように,静脈栄養を行う期間が2 週間以内と予測される患者に対し施行されるべき方法である.……(雑誌本文は続きます)
 栄養療法のピットフォール−よりよい栄養ケアのために 末梢静脈栄養(PPN)の有用性と課題 櫻井直・他
本論文を購入 特集TOPへ戻る
栄養療法のピットフォール
126巻6号 2015年5月25日
月刊(B5判,210頁)
発行時参考価格 2,800円
注文コード:740860
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.