医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.126 No.6 > 論文詳細
126巻6号 2015年5月25日 p.832-837
 栄養療法のピットフォール−よりよい栄養ケアのために  
TPNキット製剤使用上の注意
名古屋大学大学院医学系研究科 特任研究部門医療行政学
杉浦伸一
キーワード  TPN キット製剤,アシドーシス,滴定酸度,配合変化,微量元素
はじめに  
 高カロリー輸液(total parenteral nutriton:TPN)は,中心静脈から投与する完全な栄養素を含んだ輸液療法を意味し,さまざまな製品が開発されてきた.また,投与成分の完全性を実現するために,さまざまな製剤的努力がなされ,ときにその努力が,生体にとっては負荷になることもあった.つまり,ぎりぎりのバランスで製剤化を実現してきたのである.TPN キット製剤のピットフォールとは,これら製剤を開発する過程で加えられた医療従事者にもみえ難い努力の跡と考えられる.したがって,本稿では,製剤開発の歴史をたどりながら製剤の特性を解説する.……(雑誌本文は続きます)
 栄養療法のピットフォール−よりよい栄養ケアのために TPNキット製剤使用上の注意 杉浦伸一
本論文を購入 特集TOPへ戻る
栄養療法のピットフォール
126巻6号 2015年5月25日
月刊(B5判,210頁)
発行時参考価格 2,800円
注文コード:740860
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.