医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.126 No.6 > 論文詳細
126巻6号 2015年5月25日 p.826-830
 栄養療法のピットフォール−よりよい栄養ケアのために  
早期経腸栄養の意義と適応
帝京大学医学部 外科
矢口義久,福島亮治
キーワード  早期経腸栄養,ガイドライン,補助的静脈栄養
早期経腸栄養の定義  
 侵襲後早期から積極的に経腸栄養を施行することを早期経腸栄養法(early enteral nutrition)とよんでいる.早期経腸栄養法の明確な定義はないが,侵襲後あるいはICU 入室後,おおむね24 時間以内,遅くとも36(48)時間以内に経腸栄養を開始することをさす場合が多い.これまで,栄養に関する多くのガイドラインが作成されているが,重症な症例に対する栄養管理で共通するもっとも基本的なことは,可能な限り経腸栄養を行うことと,経腸栄養をなるべく早く(24 〜 48 時間以内)に開始することである.早期経腸栄養法を実際に施行している施設では,多くが12 〜 24 時間以内に投与を開始している.……(雑誌本文は続きます)
 栄養療法のピットフォール−よりよい栄養ケアのために 早期経腸栄養の意義と適応 矢口義久,福島亮治
本論文を購入 特集TOPへ戻る
栄養療法のピットフォール
126巻6号 2015年5月25日
月刊(B5判,210頁)
発行時参考価格 2,800円
注文コード:740860
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.