医歯薬出版のページサイトマップ
臨床栄養   TOP最新号臨増・別冊バックナンバー年間定期購読
ホーム雑誌一覧臨床栄養Vol.126 No.6 > 論文詳細
126巻6号 2015年5月25日 p.800-805
 栄養療法のピットフォール−よりよい栄養ケアのために  
経皮経食道胃管挿入術(PTEG)のピットフォール
東京女子医科大学八千代医療センター外科診療部消化器外科
大石英人
キーワード  経皮経食道胃管挿入術(PTEG/ ピーテグ),経管経腸栄養法,逆流予防,粘度調整食品,小腸内栄養剤半固形化法
はじめに  
 経皮経食道胃管挿入術(percutaneous transesophageal gastro-tubing:PTEG)は,経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG)の実施不能もしくは困難な症例に対する代替法として,1994 年に考案開発された.当初はがん性腹膜炎症例の腸閉塞症状に対する腸管減圧法として緩和医療の分野でその有効性が評価されたが,現在は保険適応となり経管経腸栄養法にも応用されている.……(雑誌本文は続きます)
本論文を購入 特集TOPへ戻る
栄養療法のピットフォール
126巻6号 2015年5月25日
月刊(B5判,210頁)
発行時参考価格 2,800円
注文コード:740860
雑誌コード:09320-05
ダウンロード購入
当社発行の雑誌は発行から1年後に論文単位でPDFファイルのダウンロード購入が可能です.
詳細はメディカルオンライン
メディカルオンライン
関連著書
胃ろうPEG管理のすべて
胃ろうPEG管理のすべて 胃ろう造設からトラブル対策まで
合田文則 編著

定価 7,700円(本体 7,000円+税10%)B5判 292頁 2010年2月発行
注文コード:705770
ISBN978-4-263-70577-3

●トラブル症例から学ぶ!
詳細
買い物カゴへ追加
買い物カゴを見る
お問い合わせ 会社案内 About us リンクについて オンラインショップの返品について
当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしてください.
Copyright (C) 2021 Ishiyaku Pub,Inc.